最近、沢の水が少ないといわれることが多いのですが、その原因を森の木を伐ったからだという人が結構いるんです。ところが、これは逆で、基本的には山の上の森が成熟してきて水分の要求量が多いからなんですね。大きい木が密集していると葉っぱがはじいて蒸発する部分もあるし、地面に落ちても重力水として地下水になる手前で木の根に吸収されてしまいます。こういう森だとある程度雨が降っても30センチも 掘れば乾いてしまっていることが結構あると思うんです。だから、ある程度木を伐って利用していくことを考えないと沢の水も豊かになっていかないんです。
 山の木を切ると自然を破壊していると極端なことをいう人もいますが、こういう事実をもっと知ってもらう必要があります。もちろん木をどれだけでも切ればよいということではありませんので、適切な量の木を切って有効に利用していくことが大切だということです。
事務局  和歌山の南部ではよく起こることなのですが、大雨が降って川が氾濫したと思ったら翌日になると極端に水が少なくなっているんです。これは山の水の浸透力とか保水力に問題があるとしか思えません。
栗本氏  原生林的な森でなくなったことが要因のひとつですね。大きな木が多少あって、中木と低木が生えているような原生林は保水力があるはずなのですが、どこもかしこも高木が並んでいるような森林は保水力に問題があると思います。
事務局  和歌山に限りませんが、スギやヒノキの高木ばかりの森林が多くて、しかも森林の成長量に対して木材の生産量が極端に少ないので、この状況を改善するのは一筋縄ではいきません。
 話しが変わりますが、大阪市に住んでいる知人に大阪の森林の話をするときにいつも思うことですが、大阪市民や臨海部の都市の府民にとって森林の存在が遠いように思うんです。
 ところが、高槻市に「うなぎの森」という森林があるのを知ってますか?と聞いて、淀川の上流の高槻の森林を守れば河口でウナギが増えて釣り人で賑わっているという話をすると、グッと興味をもってくれるんですね。
 水都大阪においては、山と川と海をつないでアピールすることが有効だと思います。
栗本氏  実はすぐそこの芥川(高槻市)にも天然のアユが上ってくるんです。芥川がつながっている淀川は全国でも有数の川でありながら漁業権のない川なんです。支線の芥川は漁協があるんですけど、本線の淀川にはない。だからアユやウナギが増えれば釣り放題です(笑)。
 府民にとってはとても楽しい川になってきています。

市民ボランティアにもっと森林組合を活用してもらい大阪の森をともに守りたい
事務局  森林を整備して川と海をよくしていくという運動を広げていく上で、府民ができることというのは何でしょうか?
栗本氏  最近は山でボランティア活動をされる方が増えていますが、私たち森林組合に連絡して活用してもらいたいと思います。一声かけてもらえば関係する団体を紹介することもできますし、職員が山や木のことを教えにいって一緒に活動することも実際に行っています。
 以前は私たちプロがやるような仕事をボランティアの方がすることに心配もあったのですが、今は何をしていただければ良いかということもわかってきましたので、双方が安心して一緒に取り組めるようになってきました。ですから、山で体を動かしたいという方は連絡いただければいいと思います。

バックナンバー

緑の対談 第1回
谷関俊男 氏

緑の対談 第2回
栗本修滋 氏

緑の対談 第3回
川井秀一 氏

第4回 特別企画
鶴保庸介 氏
岸本周平 氏