グリーンバナー 緑の対談 第1回

和歌山県森林組合連合会代表理事専務

谷関俊男 氏

一般社団法人グリーンバナー推進協会

事務局


 古来から「木の国」と呼ばれる和歌山県で県庁幹部として、今は森林組合連合会代表理事として森林整備と林業の活性化に取り組む谷関氏と日本の森林が抱える課題について話し合いました。
事務局  和歌山県森林組合連合会さんはグリーンバナー・プログラムに全国の森林組合連合会で一番最初にご登録くださり、ありがとうございました。それで、これからシリーズで続けていく、この「緑の対談」のトップバッターは谷関さんしかいないと思って、今日は参りました。
谷関氏  私はグリーンバナー推進協会の考え方を聞いて、県民や県下の企業が参加しやすいように配慮している点に共感しました。地域の皆が協力し合って、森づくりにチャレンジしていく舞台を作ってくれるのがグリーンバナー・プログラムだと思っています。
 また、グリーンバナー推進協会からの支援金は用途について公的資金よりも柔軟性があるので、すぐに必要とされている森林保護施策に対応していける点にも期待しています。

洪水や土砂崩れが増えるなかで
人工林の公益機能をどう回復するか
事務局  ありがとうございます。ご期待に添うよう全力で頑張らせていただきます。 谷関さんは和歌山県の森林・林業局長として森林行政の長を務め、今は森林組合連合会の代表理事として森林整備と林業の当事者側の責任者として森林の施業管理にあたっておられます。長年、森林に関わってこられた立場から、県民の皆さんに和歌山の森林の現状をわかりやすく解説いただけないでしょうか。
谷関氏  あえて端的にいうなら、人為的に作った人工林が非常に問題のある状態になっているということです。

公私ともに森と植物一筋の谷関代表理事



 森林は人が管理しなければいけないという啓蒙が長きにわたりなされてきましたが、歴史的に一番人間が森に守られていた縄文時代に人が森林を管理していたかというとしていないわけです。自然の摂理に任せて、一番その地方の気象や土壌など自然条件にあった森が出来上がっていた。それを人為的に作り変えたのが人工林です。
 日本は国土の約7割を占める森林の約4割が人工林という、世界有数の人工林大国です。和歌山でいえば、なんと6割以上が人工林というのが実態です。今までその地域に適合していた森を伐採して、スギやヒノキばかりのモノカルチャーにしてしまった。非常に単純化されてしまいました。自然界では単純化されたものは非常に弱いんですよね。人間が自然淘汰の摂理を断ち切ってしまった結果、人間自身が淘汰を背負わなければならなくなっているのです。
事務局  つまり、人が管理しなければいけないのは人工林であって、それは永久に続ける必要があるということですね。人工林を管理せず、そのまま放置しておくとどうなりますか?
谷関氏  いったん崩壊しますが、またいつか自然に帰っていきます。

バックナンバー

緑の対談 第1回
谷関俊男 氏

緑の対談 第2回
栗本修滋 氏

緑の対談 第3回
川井秀一 氏

第4回 特別企画
鶴保庸介 氏
岸本周平 氏